活動報告

前の5件 1  2
    2011年8月19日

    8月3日ワークショップin気仙沼

    こんにちは!

    ワークショップスタッフのあかねです!



    8月3日、気仙沼にてワークショップを開催してきました!!



    このワークショップで作られた作品は、

    なんと、Kodomo Music & Art Festival'11の会場に飾られます☆

    どんな作品ができるのかな~?





    緑が綺麗でアジサイやヒマワリが町中に咲く気持ちのいい季節

    しかし港周辺はまだまだガレキが残る、そんな気仙沼。

    今回はスタッフ5名で市内の2ヶ所でワークショップを開催させていただきました~!





    一ヶ所目は、知的障がいをもつ幼児と小学生が通う障がい児施設さん。

    17名の子ども達と親御さんが参加してくださり、

    高校生ボランティアさんと職員さんに協力していただいてのワークショップ!



    子ども達があつまるまでスタッフがピアニカやジャンベ、ギターで演奏♪

    楽器に触ってみたり体育館を走り回ったりみんな元気いっぱいです。

    080301.JPG



    全員あつまったところであいさつをして、

    リトミックで緊張ほぐしをしたら、お待ちかねの絵の具の時間です★



    絵の具のカップと筆ををもって、おっきな紙に点描開始!

    ピアニカとジャンベのキラキラ星の音楽にあわせてポンポン点描。

    みんな上手にリズムにのっていました♪

    同んなじ色が固まらないように移動したり、白いところを探して塗ってみたり..

    びーっしり塗ってくれました★

    080302.JPG



    次は楽器の時間♪

    みんなで楽器をもって音をちっちゃく鳴らしたり大きな音を出したり

    華丸先生のリズムにあわせて演奏したり

    みんなリズムに乗るのが上手でびっくりです!

    080303.JPG



    ちょっと休憩をはさんで、今度はみんなペンを握ります*

    "せーんろはつづくーよ♪"の音楽が鳴っている間にペンを進めて..音楽がとまったらストップ!

    おっきな紙いっぱいにみんなの線が描かれます。

    そしてさらに線の中の面白いかたちを見つけて塗り潰します。

    大人も参加して、山みたいだったり魚みたいだったり面白い絵がいっぱいできました★

    080304.JPG



    そして最後はじゃんけん列車ゲーム!

    どんどん列車がつながっておっきなひとつの列車になりました*

    080305.JPG



    これでワークショップはおしまいです。

    帰りの会では代表の子があいさつをしてくれました*涙

    別れ際に握手をしてさようならです。

    本当に元気いっぱいのいい子たちでした!

    どうもありがとう!

    080306.JPG



    そしてなんと職員さん達がカレーを用意してくださり、一緒にお昼ご飯をいただきました!

    職員さんも高校生もみんなすごくいいひとでお話ししていてとってもたのしかったです♪

    みなさん本当にお世話になりました!

    080307.JPG



    そのお礼になればと思い、

    柔道整復師の翔ちゃんとリラクセーション経験者のゆーくがスタッフさんの体ほぐし!



    やっぱり身体はカチコチだったようで、とても喜んでいただけました。



    最後にボランティアの高校生さんと記念写真★

    本当にどうもありがとう!

    080308.JPG





    二ヶ所目は、別の小学校の学童さんです!

    24名の子ども達が参加してくれました!



    まずはみんなであつまってごあいさつ♪

    何が始まるのかわくわくな子ども達

    080309.JPG



    リトミックをしてちょっとずつ緊張をほぐして、オーナメント作りに突入です♪



    まずは和紙とセロハンをみんなでビリビリやぶきます

    そしてやぶいた紙を集めてみんなで投げてひらひら★

    080310.JPG



    次はこのひらひらを透明な円板に貼り付けます!

    みんなとっても熱心にペタペタ貼り付けます。

    円板にぎーっしり貼りつけおわったところで完成です*

    080311.JPG



    みんなに作品のタイトルやコメントを発表してもらいます

    照れながらひとりひとり自分の作品を見せてくれました☆

    080312.JPG


    みんなの作品にそれぞれ名前を書いてもらって、大事にあずかりました!

    この作品はKMAFesで飾ったあと、またお返しするのです!

    おたのしみに~★

    080313.JPG



    さあ今度はペンの時間!

    大きな紙の上で音楽の鳴っている間だけペンを進め、

    音楽がとまったらぴたっととまります!

    080314.JPG



    そして出来上がった線のなかにできたかたちを塗り潰します

    ペンの色ごとのチーム戦!

    どのチームが一番塗れるかな?

    080315.JPG



    いろんなかたちにいっぱい塗れました!

    色ごとに人数が違うのだからみんな優勝です★



    最後にみんなで記念撮影をしてワークショップはおしまいです

    080316.JPG



    ピアニカとジャンベとこども達の声がずっと響いていた、とってもにぎやかなワークショップでした♪

    ワークショップが終わっても子ども達が片付けを手伝ってくれて、

    いっぱいお話しをしてくれて、荷物運びまで手伝ってくれて、、本当にいい子達!



    またね〜と言ってお別れです*




    というわけで、元気いっぱいの気仙沼キッズでした!

    彼らの作品がKMAFesで飾られるのがとてもたのしみです★



    華丸先生をはじめ、Ubdobeスタッフのみなさんおつかれさまでした!

    080317.JPG



    では!



    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    ■Kodomo Music & Art Festival とは?

    国籍の違い、年齢の差、障がいの有無、性別などの垣根を越え あらゆる子ども達が

    コラボレーションを実現する音楽とアートの祭典。 子ども達はアーティストとして

    主催者側に立ち、 事前に開催するワークショップに参加することでイベントを創り上げていきます。



    詳しくはコチラをご覧ください!

    http://kmafes.ubdobe.jp/



    また、参加スタッフも大募集中です。

    詳しくはkmafes@ubdobe.jpまでご連絡下さい。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------


    2011年8月 5日

    AFJP第一期活動報告会

    Ubdobe Monday Talk Session

    ~AFJP第一期活動報告会~



    3月11日の東日本大震災を受けて発足されたAction For Japan Project。

    被災復興応援プロジェクトとして、これまで

    理美容師、整体師、ボディケアセラピスト、ワークショップスタッフなどを派遣し

    ヘアカットや体のほぐし、音楽やアートのワークショップを行ってきました。

    また、7月7日には気仙沼市内の避難所で七夕祭りも開催し、第一期を終えました。



    今回の報告会では、震災直後から7月までの活動を

    実際の参加者のトークや、写真、映像などでご報告いたします。



    活動に参加された方、今後活動したい方被災地の状況を知りたい方など、

    どなたでもご来場可能ですので是非お越しください!





    ■日時:

    2011年8月22日(月)

    OPEN 19:30 / START 20:00

    CLOSE 23:00頃



    ■会場:

    SMOKE (表参道GYRE4F)

    http://www.smoke.co.jp/



    ■MC:

    岡勇樹(NPO法人Ubdobe 代表理事)



    ■内容:



    *活動参加者のトーク(理美容師、セラピスト、ワークショップスタッフなど)

    *写真や映像によるご報告

    *ご寄附、募金箱設置のご報告

    *今後の予定

    and more!!



    ■DJ:

    Kuni Lopez (7Hz)

    http://www.myspace.com/kunilopez



    ■定員:

    60名



    ■参加費:

    入場料:2,000円(1ドリンク付き)


    ■予約:

    予約受付メール: ticket@ubdobe.jp

    件名: AFJP第一期活動報告会

    本文: ①お名前 ②ご連絡先メールアドレス ③予約人数

    上記内容をご記入の上、予約受付メールアドレスに送信してください。

    ※先着順受付で定員になり次第、受付を終了致します。

    ※定員制のイベントですので、予約後のキャンセルはないようにお願いします。



    ■主催:

    特定非営利活動法人Ubdobe(ウブドベ)

    *official website--- http://www.ubdobe.jp

    *myspace--- http://www.myspace.com/ubdobe

    *blog--- http://ameblo.jp/ubdobe/

    *mixi--- http://mixi.jp/view_community.pl?id=807739

    *twitter--- http://twitter.com/Ubdobe_jp


    2011年7月16日

    ボランティア活動をする人たちへ

    暑い日が続く中、バテバテ気味な市長です。

    職場の冷房システムが節電の関係で機能停止している訳で、

    毎日ヒーハー言いながら過ごしています。



    東北地方も梅雨が明け、30℃を超える日々が続いています。

    被災地に入ってボランティア活動をする人たちにとって、

    注意しなければならないのが「熱中症」です。



    活動に集中するが故に、自身の体調管理を十分にできない

    まま熱中症になってしまう人が少なくありません。



    ボランティア活動をする上で前提となることとして、

    自分の身は自分で守ることが挙げられます。

    活動中に倒れてしまい、周りの人に気を遣わせてしまうのは、

    あまりよろしくないですからねー。



    そこで、熱中症対策のポイントとなるのが・・・

    ・無理な行程で日程を組まない

    ・活動の前日は十分な睡眠をとる

    ・こまめな水分、塩分補給を心がける

    ・直射日光を避ける

    ・通気性の良い衣服を身につける

    ・熱反射をする色の服を着る

    ・無理をしない!!

    以上、これらが挙げられます。



    まずは無理をしないことが一番であり、自分のペースにあった

    ボランティア活動をお勧めさせて頂きます。



    shicho.JPG



    被災地の復興に向けた活動はまだ始まったばかり、

    活動を継続することが大切であり、継続させるためには

    無理をしないこと!これがポイントになるのです。



    0716.JPG



    お茶でも飲みながらゆっくりのんびりいきましょうや(笑)



    AFJPでは、被災地に楽しいを届けようを合い言葉に、

    被災地復興応援活動を展開しています。

    ボランティアに関するお問い合わせは afj@ubdobe.jp までご連絡ください。

    併せて、ボランティア募集を随時行っていますので、興味のある方も

    ドシドシドシドシ上記のアドレスまでご連絡くださいませー。



    Action-For-Japan-Project.jpg



    AFJP担当 工藤市長


    2011年7月14日

    【ちゃありぃ】アースデー開催!!

    みなさま、こんにちわ!!

    暑い日々が続いてますが、体調崩されてませんか??



    今日はAction For Japan Project(AFJP)でもお世話になっている

    ワークショップ&おはなしカフェ『ちゃありぃ』さんが開催するアースデーのお知らせです!!



    ちゃありぃさんは、AFJPの募金箱を置いてくださったり、

    8月20日には『Kodomo Music & Art Festival'11会場デコレーション制作』のワークショップも開催されたりと

    多方面でご協力いただいております!!



    そんなちゃありぃさんが開催するアースデイ@ちゃありぃ。

    『被災地のママたちを応援する日』ということで

    みなさま是非ご参加されてはいかがでしょうか!!



    cyaarii.jpg


    ***以下詳細***

    ちゃありぃファンの皆様

    そして、まだお会いしたことがない、子育て中のママさんへ



    いつもコミュニティをご覧頂きありがとうございます。

    お陰様で毎日沢山のママ達に愛されている「ちゃありぃ」。

    私達はお店を通して被災地ママ支援を

    持続的に行っていきたいと考えています。

    「お母さんの気持ちは、お母さんが一番良くわかる」。



    7月23日に「アースデイ@ちゃありぃ」という

    チャリティイベントを開催します。




    ☆!!入場 無料!!☆




    1人でも多くの方にご来店頂き、

    被災地ママ達への募金やメッセージを承けたわりたく願っております。

    どうかどうか、ご予定を空けておいて頂けたら幸いです。

    カレンダーに、スケジュール帳に、

    「被災地ママを応援する日」と予定を刻んで頂けたら、嬉しいです。

    パパとお子様と、皆様でご来店下さい。





    〈アースデイ@ちゃありぃ〉

    日にち→7月23日

    時間→10時半〜16時

    内容→

    ちゃありぃ一同よりご挨拶  10:30〜

    ラジヨガ(ラジオ体操ヨガ) 10:45〜

    ウクレレでみんなで歌おう♪ 11:30〜随時

    生まれる奇跡「誕生学」講演会

    私達が被災地にできることコンテスト審査発表

    *結果を貼り出します (皆様からエッセイ募集します)

    幸せ家族写真コンテスト審査発表

    *貼り出します (まだまだ募集中!)

    ちゃありぃ新聞発行!!

    (気になっていたあの講座のこと・ふみたろうレシピ等、ちゃ
    ありぃマニア必見。)

    二階→古着チャリティフリマ

    (お得にお洋服、ゲットしちゃいましょう)

    二階→ちゃありぃ工房特別ブース

    (あの作品の作家さんから直接買える!)



    来れる時間に、好きなだけ♪

    少しでも、参加していただけると嬉しいです☆


    皆の想いを一つにつなぐ1日になればと思います。

    7月23日、ちゃありぃは日本一熱い場所になりそうです。


    2011年7月10日

    気仙沼の避難所にて七夕祭を開催しました。

    7月7日、七夕。



    いよいよ、この日がやってきました。

    【七夕祭in気仙沼】



    6月に開催が決まってから

    6月14日の七夕祭実行委員会、

    6月25日の七夕祭ワークショップ①in気仙沼

    7月02日の七夕祭ワークショップ②in気仙沼

    と準備を重ね、この日を迎えました。



    子ども達と一緒に七夕飾りやステージに飾るバナーを作ったり

    避難所で暮らす皆さんの採寸や生地選びを行って

    ご寄附いただいた反物から甚平を作ったり、好きな浴衣を選んでいただいたり

    スタッフがステージをゼロから考え制作したり・・・と、何から何まで「手作り」のお祭りとなりました。



    今回は4台の車で、15人のスタッフが参加しました。

    7月6日の深夜に東京を出発し、7月7日の朝8時頃気仙沼に到着。

    まずは被害の大きかった地域を見て、スタッフ一同現状を知ってから会場となる避難所へ向かいました。



    3.11直後に比べれば少し瓦礫が減っているようにも見えましたが

    大きな山となってまとめられているようにも見えました。

    未だ瓦礫は多く残っていて、ショベルカーなどが入って撤去作業が行われていました。



    そして、会場となる避難所に到着。

    早速、16時の開催にむけ準備を開始しました!



    避難所の近くにある竹やぶから取ってきて下さった笹を、会場中央に設置!

    kesen01.jpg kesen02.jpg

    職人さんの腕の見せ所です!



    そして、その笹に子ども達と作った笹飾りを飾りました。

    kesen05.jpg



    私達が準備していると、この日のためにご自身で作った笹飾りを飾りに来て下さいました。

    kesen06.jpg

    kesen08.jpg



    完成した笹はこちら!

    kesen10.jpg

    全長、約3メートル。

    準備の時点では少し寂しいですが、お祭りで「短冊ブース」が設けられているので

    これからお祭りに参加される皆さんによって、どんどん盛り上げられていきますよ!



    ステージ組は、近くのホームセンターからお借りしたパレットを敷いて

    その上に手作りの板を置き、ステージを組み立てました。

    kesen03.jpg

    kesen04.jpg



    ステージデコレーションは、大島エレク総業さん!

    今回は、どんなステージなるのでしょうか・・・楽しみ!!

    kesen07.jpg



    縁日に向けては、調理室をお借りして地元のボランティアさん達と

    約150人分の焼きそば作りが行われました!



    そして、忘れてはいけないのが甚平&浴衣!!!!

    kesen09.jpg

    なんと、これらの甚平は手作りなのです!



    今回、七夕祭のために「きものファッションしまだ」さんが反物と浴衣を寄付して下さり、

    クライ・ムキ」さんが手作り甚平のために制作のご協力をしてくださいました。

    事前のワークショップで、避難所に暮らす皆さんの採寸と反物の生地選びを行い

    ウブドベスタッフを合わせた約20人ものスタッフが、約5日間で51着の甚平を作りました!



    (みなさん、ご協力本当にありがとうございました!)



    7月7日16時。ついに七夕祭オープンです!

    kesen44.jpg



    開始早々、受付では浴衣や甚平の引換券を持った皆さんが続々とご来場!

    お一人お一人に、予約していた浴衣や甚平を渡しました。

    kesen12.jpg



    みなさん、早速受け取った甚平を着てくださいました。

    kesen13.jpg

    kesen23.jpg

    とっても嬉しそうな笑顔、照れた表情、自慢げな面持ちなど

    甚平や浴衣を着たみなさんの姿を見て、七夕祭開始早々、目頭がジーンとしてしまいました。



    そして甚平や浴衣と一緒に、

    ネクスティア生命保険株式会社」さんよりご寄附いただいた団扇や

    「きものファッションしまだ」さんよりご寄附いただいた手ぬぐい、

    焼きそばやフランクフルトなどの引換券が手渡されました。



    会場内には「短冊ブース」があり、

    子どもから大人まで願いを短冊に託したり、笹飾りを作ってその場で飾ったりしました。

    kesen11.jpg



    更に会場内には焼きそばやフランクフルト、わたあめやかき氷など縁日ならではの食べ物から

    ヨーヨー遊び、わなげなどといった遊びものまで並びました。

    焼きそばとフランクフルトは「下井接骨院」さんよりご寄附いただきました。

    kesen15.jpg

    kesen29.jpg

    kesen33.jpg



    演目は、ウブドベメンバーによる「Ubdoband(ウブドバンド)」や和太鼓集団「TAWOO」、

    そして、なんと気仙沼出身のマジシャン「マギー審司」さんや

    仲間のマジシャンの方々がマジックを披露してくださいました!

    kesen24.jpg

    kesen28.jpg



    子どもから大人まで、かなり見入っていらっしゃいました!

    kesen32.jpg



    そして最後は、地元の方々による「カラオケ大会」!

    歌いたい方が歌いたい曲を思う存分、熱唱!!

    kesen40.jpg



    最初から最後まで、笑顔で溢れた七夕祭りとなりました。

    kesen14.jpg

    kesen30.jpg

    kesen31.jpg



    最後は、避難所の館長さんとスタッフみんなで写真を取り、

    約100人もの方にご来場いただいた七夕祭は幕を閉じました。

    kesen45.jpg



    この日は、テントに泊まり翌日8日は撤収作業です。

    kesen59.jpg



    片づけをして、七夕祭の振り返り・・・。

    kesen62.jpg

    kesen63.jpg



    8日の朝に地元の方とお話したスタッフが、地元の方の言葉を共有してくれました。



    「自己満足ではなく、私達のことを想ってくれているのがよく伝わってきました。」



    地元のお祭りが中止になってしまったことを聞いて、開催が決まった今回の「七夕祭」。



    やりましょうと提案したのは私達。

    でも自己満足ではなく、一緒に楽しめるお祭りにしたいと思って準備を進めてきたので

    この言葉を聞くことができて、本当に嬉しく思いました。



    震災直後から、被災地に「楽しい」を届けよう!と活動してきたAction For Japan Projectですが

    自分達の活動意義を実感することができた2日間となりました。





    最後は地元の方と熱い抱擁を交わしました!

    kesen64.jpg



    車が見えなくなるまで手を振ってお見送りもしてくださり、別れを惜しみながら、避難所を後にしました。

    kesen65.jpg





    七夕祭では、TBSやNHK、新聞社の取材も入り、

    TBSでは7日のお昼11時40分頃より全国放送で七夕祭の準備の様子が生中継されました。



    ■TBS News i
    http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/shinsai2011/tbs_newseye4770006.html





    今回の七夕祭は、準備から当日まで本当にたくさんの方にご協力いただきました。

    反物、浴衣、手ぬぐいなどをご寄附くださった【きものファッションしまだ】さん。

    甚平制作のために作り方を教えて下さったり、お教室を貸して下さった【クライ・ムキ】さん。

    参加者分の団扇をご寄附下さった【ネクスティア生命保険株式会社】さん。

    車を貸して下さったり、焼きそば・フランクフルトのご寄附をしてくださった【下井接骨院】さん。

    デコレーション担当して参加して下さった【大島エレク総業】さん。

    そして甚平制作、ステージ、縁日などなど事前準備から当日まで協力してくれた【ウブドベスタッフ】のみんな。



    本当にありがとうございました。



    これからもAction For Japan Projectは

    被災地に「楽しい」を届けよう!を掲げて被災地復興応援活動を続けてまいります。



    今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

    kesen46.jpg


    Ubdobe事務局長 舘野友仁(tomomi)


前の5件 1  2